決意表明・ご挨拶

奈良市を愛するひとの不安を、安心に。

未来に守りたいものがある奈良市の皆さまへ

こどもが生まれたら。希望の保育所に入れるだろうか。
ゴミ焼却場が停止してしまったら。
大好きな奈良の景色を守ることができるのか。
すぐそこにせまる未来には、不安が、必ずついてまわります。
数年前までは、絵空事だったコトが、次々と現実となりせまるこの時代。
心からあふれそうなほど重なっていく不安を、
ぐっと必死におさえている。
そんな感情が皆さまの中に、あるのではないでしょうか。

私も、その一人です。

奈良市に家庭をもち、10年がたちました。
わたしの子どもにとっては、奈良市は故郷であり
わたしにとっては、終の棲家となりました。

いま、守りたい未来が、この奈良市にあります。
奈良市に住む、一人ひとりをとりまく不安を
一つずつ、安心に変えていきたい。
心落ち着く、住みやすい奈良市を提案していきたい。
そう考えています。
生駒市長時代の経験をすべて、奈良市に注ぐ決意をいたしました。
守りたいものを守るために、変える。
いまが、その時。そう感じています。

決めること
変わる古都
山下まこと

新生奈良市を創る29の政策

  • 新火葬場の早期建設
    横井町の現建設候補地の安全性、地下埋設物による土壌汚染の有無、建設コスト、用地買収価格などの再検証を踏まえ、平成29年度中に建設場所を決定し、平成33年度にオープンします。
  • 新清掃工場の建設場所の早期確定
    中ノ川町・東鳴川町の現候補地の建設・運営コスト、地元住民との合意形成の可能性などの再検証を踏まえ、平成29年度中に建設場所を決定します。
  • 市職員の不祥事の根絶
    平成25~28年度に刑事事件や素行不良、監督責任などを問われて懲戒処分等を受けた奈良市職員は実に60名。不祥事を無くし、市役所を市民に奉仕する集団に変えます。
  • 道路の早急な修繕
    幹線道路、生活道路の穴、ひび割れ、白線のはがれなどを早急に修繕します。
  • 幼稚園・保育園再編計画の見直し
    現在進められている幼稚園・保育園再編計画を見直し、統合が不可避の場合はバスの運行を検討し、民営化の必要性を再検証します。
  • 小中学校校舎の早期改修
    和式で使いにくいトイレや放置されたままの雨漏りなどを、予算を増額して早急に改修します。
  • 「なら寿大学」の開設
    開催されている生涯学習講座を統合するなどして、高齢者の仲間づくりと健康づくりを目的とした4年制の生涯学習講座「なら寿大学」を開設します。運営は市と市民団体との協働で行います。

奈良市の「住みよさランキング」は?

毎年発表される、全国約800の市を対象とした「住みよさランキング」において、奈良市は平成18年222位でしたが、残念ながら平成21年には376位、平成28年には473位と大幅にダウンし続けています。「住みたくなる奈良」を創ります。

※下記のグラフは左右にスクロールするとすべて見ることが出来ます。

奈良市の「借金」はどのくらい?

奈良市の借金(一般会計)の残高は、平成18年から大幅に増加しており、人口1人あたりの借金残高が中核市47市の中で最多です。
一刻も早く財政を立て直し、「帰ってきたくなる奈良」にします。

※下記のグラフは左右にスクロールするとすべて見ることが出来ます。

わたしたちは山下さんを推薦します!

上山信一
慶応義塾大学教授

大阪市・大阪府・東京都の特別顧問

松井重憲

文化2年(1805年)創業
日本の墨づくりを代表する

株式会社墨運堂 相談役

わたしたちも山下さんを応援します!

私は、仕事柄、生駒市内のご家庭にもお経を上げに行きますが、山下さんが大変な苦労をなさって生駒市をクリーンな市になさり、さらに市立病院の建設や駅前再開発など公約を次々と達成されたとよく耳にします。このたび、その豊富な行政経験、実行力をもとに、奈良市の高齢者福祉にも大いに力を注いで下さるとのことで、大変期待しております。

奈良市中山町 光明寺住職 吉田俊章

法律を熟知した正義の人。しがらみや目の前の利益にとらわれず、まちの未来を見据えて的確な判断をくだす最強のリーダーです。役職の有無に関わらず、労いや感謝を絶妙のタイミングで伝えたり意見を聞いたりと、部下のモチベーションをあげるのもお手のもの。関西弁のアクセントがおかしいのはご愛嬌です。奈良市と生駒市は奈良県北部のパートナー。ますます連携を進めることができれば嬉しいです。

40代 女性 奈良市在住

5歳から10歳の4人の子どもを育てています。保育園に預けるまで数か月待機した経験があり、他にもたくさん待機した話を聞くので、奈良市の待機児童が解消すればいいなぁと思います。生駒市に住む母や友人から、山下さんが市長になってから保育園が増えたり保育時間が延長されたり、とても子育てしやすい環境になったと聞いています。その実行力で奈良市のママの期待にも応えてくれるはず!応援しています!

30代  女性 奈良市在住

山下さんは、10年前全国に汚名をまき散らしてマスコミで有名になった生駒市を大きく立ち直らせてくれました。箱もの行政を止め、生駒市の財政を立ち直らせ、市民の願いであった市立病院を建設し、保育所の待機児童を減らし、高齢者のための施設を建設し、休日も返上して市民のために働いてくれました。市民は「まことちゃん」と愛称で呼びます。奈良市が大きく変わり市民に開かれた市政となるには、「まことちゃん」にリーダーになってもらうほかありません。奈良市民と山下さんに大きなエールを送ります。

50代 女性 生駒市在住

プロフィール

昭和43年6月30日生まれ。「為せば成る」、「義を見てせざるは勇無きなり」がモットー。生駒市長時代は、同市を「関西一魅力的な住宅都市に」をスローガンに、政治や行政の古い体質を変革し、持続可能な自治体経営を行ってきました。家族は妻と小6の男女の双子。趣味はジョギング、水泳、音楽鑑賞、家庭菜園。昨年、初めてハーフマラソンに出場しました。今年こそはフルマラソンに挑戦したいです!愛読書は山崎豊子、司馬遼太郎など。真面目ですが、親しみやすい性格だと思います。ツイッター、フェイスブック、ブログやってます!

2000年
司法研修所修了
大阪弁護士会に登録
2006年
奈良県生駒市長に就任
2015年
奈良県生駒市長を退任
奈良県知事選挙に
立候補するも惜敗
大阪弁護士会に再登録
関西大学客員教授就任

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。